TOP > 占術紹介

占術紹介

四柱推命

 もっとも古い東洋占術の一つである四柱推命は、約千年前、中国の宋の時代に確立されたと言われています。当時からその的中率は驚くほど高く、時の権力者や皇帝などの間で「秘伝」として受け継がれてきました。

 四柱推命では、あなたの生まれた「年」「月」「日」「時」から導き出した十干・十二支「八字(パーツー)」と呼ばれる八つの文字と四つの柱「四柱」に見立て、「命式」と呼ばれる式を作って占います。

四柱推命

 十干・十二支・八字・四柱 ……さらには 「木」「火」「土」「金」「水」 五行と、さまざまな要素を複雑に組み合わせて下されるその占断は、大変詳細で的中率が高いとされ、中国のみならず世界中の多くの国でたくさんの人の心を引きつけています。

 四柱推命は、その人の性格や能力といった生まれ持った「天命」「天分」を知ることにとても長けています。
「天命」 とは持って生まれた人生のバイオリズム、 「天分」 とはその人がもともと備えている能力・性質を指し、これらを理解していると、才能や適性、他人との相性の良し悪しがわかるのみならず、運命の岐路に立った際に的確な決断を下せたり、能力を発揮する最善のタイミングがあらかじめわかったりと、より有意義な生涯を送ることが可能になります。

 つまり、四柱推命とは、「結婚」「恋愛」「就職」「出産」など、人生のあらゆる場面で私たちの強い支えとなる占術なのです。

紫微斗数

「紫微斗数」は、唐(中国の王朝)の末期から宗の時代にかけて実在した「陳希夷(ちんきい)」という名の仙人によって創始された占術です。

「紫微」とは北極星のことで、天上のもっとも尊い星を意味します。また、星々の配置を記した図表「命盤」には、それぞれ自分自身を表す「命宮」、恋愛・結婚を司る「夫妻宮」といったように意味づけがなされています。

紫微斗数

 つまり、紫微斗数は人生全体を俯瞰してみるのに適した占術であり、その正確さは他に類をみないとも言われています。

 かつて、「あまりにも当たりすぎる」という理由により、門外不出の占術として一部の占術家のみに、代々「秘儀」として受け継がれた占術、それが紫微斗数なのです。
 近年では、そうした縛りも薄れてきて「もっとも的中率が高く」、「もっともあたる占い」として香港や台湾、日本の占いの中で広くつかわれるようになりました。

風水

 風水の歴史も古く、その起源は三千年前とも、四千年前とも言われています。
 香港では生活の中でも多く取り入れられており、家屋や墓などの位置を見てその吉凶を占い、気の流れを変えることにより運気を良くする、というのが良く知られている風水の利用法です。

 当サイトでは、木、火、土、金、水といった五行の中のバランスを見て、足りないものを補うことで運気をよりよくするといった考え方に基づき、日常生活の中でも簡単に取り入れられる風水のアドバイスをお教えします。

風水
当たる!”鑑定をリアルに体感してください 「的中の母」燕京のここまで分かる! 完全無料メニュー
無料 二人用
トップへ戻る
このページの上部へ