TOP > 占術解説

占術解説

守護本尊占いとは

八本尊の神秘のパワーが、あなたの人生観を変える

 古来、十二支は方角と時間を示し、その時間は巡り来る年や月、日をも表しています。このような考えから年月日の守護本尊が編み出されてきました。生年月日から五行を明らかにし、干支と四柱推命によって天から定められた守護本尊が、あなたの宿命を左右し、人生や性格、もちろん、あなたの毎日の運勢にも深い影響を与えます。
 守護本尊占いは、あなたを見守っている八本尊から導き出された、神秘の宿命と運勢を占うものです。生まれ落ちたその日から定められている宿命に逆らえば、人生は苦難の多いものとなり、守護本尊の導きに従えば、輝く未来が広がることでしょう。広大なる仏のパワーを取り込んで、幸せの扉を開けるのはあなた次第なのです。

守護本尊とは

 守護本尊の起源は、仏教にあります。人々がこの世に生まれ落ちたとき、その人の一生を見守り、幸せへ導いてくれる天上界の化身が守護本尊です。その姿は如来、菩薩、明王と、いずれも高い位の御本尊となって現れ、目には見えなくとも、人の人生に密接な関わりを持つ神秘の存在と言えるでしょう。

千手観音菩薩 千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)
子(ねずみ)年生まれの守護本尊

御利益:相思相愛、子宝、安産

観音の慈悲を千個の目、千本の手によって象徴的に顕わした尊格。千の慈悲をそなえて多くの人々に手を差し伸べ、さまざまな苦悩から救済する。
虚空蔵菩薩 虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
丑(うし)年、寅(とら)年生まれの守護本尊

御利益:学問と智慧、芸術

虚空のような広大無辺の智慧と慈悲をもって、衆生の求める願いをかなえる。鳥獣虫魚や諸天、善神などに身を変えて、種々の利益を授けるとされている。
文殊菩薩 文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
卯(うさぎ)年生まれの守護本尊

御利益:学問成就

「三人よれば文殊の智慧」と言われるように、諸仏の智慧を象徴し、智慧と知識、思考力などをつかさどる。人の理性を重んじるため、特に三大煩悩である淫欲を断つことができるとされている。
普賢菩薩 普賢菩薩(ふげんぼさつ)
辰(たつ)年、巳(へび)年生まれの守護本尊

御利益:来世の幸せ

仏の理性を示す菩薩。文殊菩薩とともに釈迦如来の脇侍(きょうじ)として祀られることが多い。慈悲をつかさどり、また、女人往生をも説き、広く信仰されている。
勢至菩薩 勢至菩薩(せいしぼさつ)
午(うま)年生まれの守護本尊

御利益:家内安全、除災招福

正式には大勢至菩薩といい、観音菩薩とともに阿弥陀如来の脇侍(きょうじ)として「阿弥陀三尊」として祀られている。智慧の光明の力で人々の迷いを除く菩薩である。
大日如来 大日如来(だいにちにょらい)
未(ひつじ)年、申(さる)年生まれの守護本尊

御利益:一切成就

密教の両界曼荼羅、すなわち胎蔵界・金剛界の二つの曼荼羅には、教理にもとづいて、膨大な数の尊像が描かれている。その中心となる最高の仏格が大日如来である。
不動明王 不動明王(ふどうみょうおう)
酉(とり)年生まれの守護本尊

御利益:厄除け招福、悪魔退散、鎮宅

大日如来の教えにそむく衆生の悪をくじいて教化するため、大日如来の恐ろしい姿を仮に顕わしたとされる。激しく噴き上げる火焔で汚れを焼き清め、同時に密教の修行者を擁護する。
阿弥陀如来 阿弥陀如来(あみだにょらい)
戌(いぬ)年、亥(いのしし)年生まれの守護本尊

御利益:極楽浄土

人は死後極楽で生きたいと思う。この西方極楽浄土の主尊が阿弥陀如来。阿弥陀は、Amitaの音写で無量と無限を意味する。その発する光は、十方世界を余すことなく照らす。

 ※守護本尊占いでは、立春(2月上旬)を境に年が切り替わる「二十四節気」を使用しております。
そのため、お客様の生年月日が立春よりも前(1月1日から立春までの間)の場合、前年の干支に基づいた守護本尊が表示されます。

大泉の母 姓名判断とは

 大泉の母 姓名判断とは、大泉の母が30年の鑑定経験から編み出した、オリジナルの姓名判断です。
 本人、そして相手の名前を見ることで、その人の生い立ちから未来まで詳しく見ることができます。
 「名前」だけで占えるため、相手の誕生日や出生時刻を知らない方でも、手軽にお楽しみいただけます。

完全無料鑑定 無料 一人用 【完全無料】大泉の母が占う〜あなたに課せられた、恋と人生の宿命
有料メニューの大泉の母は本当にスゴイ!

人々がこの世に生まれ落ちたとき、その人の一生を見守り、幸せへ導いてくれる天上界の化身が守護本尊
守護本尊の導きに従えば、輝く未来が広がることでしょう。

30年の鑑定経験から編み出した、オリジナルの姓名判断です。
「名前」だけで占えるため、相手の誕生日や出生時刻を知らない方でも、手軽にお楽しみいただけます。

大泉の母からあなたへ、いましめとなる格言を授けます。
その厳しくもやさしい言葉にハッとさせられ、心にかかる靄(もや)がたちどころに晴れ、悩みが解決することでしょう。

TOPへ戻る
このページの上部へ