TOP > 監修者紹介

監修者紹介

「日本人唯一」チベタン・タロットの使用を“正式に”許された占い師ユミツエワン

 チベット仏教に帰依。チベット仏画絵師、曼荼羅絵師、チベタン・タロット占い師、アートセラピスト、オーラ鑑定士、催眠療法士、センセーションカラーセラピスト。

 美術短大とニュージーランドのアートインスティテュースでアートを学んだ後、4年半あまりチベットとネパールの寺院に通い詰める修行生活を続ける。
 仏画マスターであるカルマ師より絵と仏教観、寺院の高僧チョキニマ・リンポチェ師からチベット暦やMO(モ)を学ぶ。そして、その後に「仏画と占いで日本人を癒しなさい」という師から教えを受け、日本での活動を開始した。
 英語、チベット語に精通しており、現在は熊本の「サロン・ペマ」を拠点に、世界中40カ国に渡り活動中。鑑定者数は延べ1万人以上に上る。

【公式ホームページ】サロン・ペマ(外部リンク)

タロットについて

もともとチベットでは「MO(モ)」と呼ばれる占いが盛んで、
結婚や仕事の契約など、日常生活の中での大きな出来事は、
何らかの占いに判断を求めてから決定される。

「MO(モ)」ではチベットの仏教僧が数珠を両手で掲げて、その後ろにビジョンを見るという形を取る。

そのビジョンをベルギーのタロット研究家が36枚のカードに
ビジュアライズ化したものが「チベタン・タロット」で、
カード化にあたりチベット仏教の4大流派の一つサキャ派のトップである
サキャ・テンジン師(His Holiness Sakya Trizin)が監修した。

現在、本タロットカードは、チベット占いの中でも秘儀中の秘儀として、
極一部の人間のみにしか使うことを許されていない。

チベタン・タロットカード一覧

空(くう)

空(くう)

法具

法具

鉱脈

鉱脈

月の光

月の光

太陽

太陽

星

文殊菩薩と宝珠

文殊菩薩と宝珠

勝利の旗

勝利の旗

法輪

法輪

金魚

金魚

永遠の紐

永遠の紐

白いほら貝

白いほら貝

山脈

山脈

海中宮殿

海中宮殿

屋敷

屋敷

真珠と白牛

真珠と白牛

炎上する家

炎上する家

砂の城

砂の城

金の壺

金の壺

甘露水

甘露水

蓮の花

蓮の花

海

砂上の塔

砂上の塔

龍退治

龍退治

バターランプ

バターランプ

第三の眼

第三の眼

枯れ木

枯れ木

鬼神

鬼神

炎の輪

炎の輪

王

神の白い傘

神の白い傘

実り

実り

大変化

大変化

風の谷

風の谷

剣(つるぎ)

剣(つるぎ)

空感性

感性

スプレッド

ナヴァ・チャクラ

ナヴァ・チャクラ

9枚のカードでチャクラ(光の輪)を表すスプレッドです。相談者自身の抱える問題について、前世から未来までを占います。
「どうすれば運命の人と巡り逢えるか?」「仕事をうまく進めるにはどうしたらいいか?」など、相談者が望む幸福、成功をつかむ道筋を示します。

  • (1) 今のあなた自身
  • (2) あなたが直面する壁
  • (3) 悩みを解決する手段
  • (4) 現在に影響する過去
  • (5) 苦しみの原因
  • (6) 前世
  • (7) 現在の天命
  • (8) 未来が変わる予兆
  • (9) 近い未来起こること

スーリャ・シュリンガ

スーリャ・シュリンガ

13枚のカードでスーリャ(太陽)を表すスプレッドです。二人の前世からの宿命や、恋愛における自分や相手の心を透視したり、相談者自身に待ちうける数年単位の長期的な運勢を読み解きます。

  • (1) 今のあなた自身
  • (2) あなたが直面する壁
  • (3) 悩みを解決する手段
  • (4) 現在に影響する過去
  • (5) 苦しみの原因
  • (6) 2人の前世からの絆
  • (7) 現在の天命
  • (8) 未来が変わる予兆
  • (9) 近い未来起こること
  • (10) 相手の本音、心の内
  • (11) 2人の相性
  • (12) 1年以上先の未来
  • (13) 2人の最終結末

※前世について
前世は、本来は1つだけではなく、転生回数によって数限りなく存在しますが、チベタン・タロットでは、相談者の今の悩みや願望に最も関連性の深い前世を鑑定ごとに読み取ります。